盾剣の操作 討鬼伝2 攻略裏技屋

盾剣の操作

盾剣の操作

攻撃属性:斬/突/砕
攻守にバランスの取れた武器。
守ノ型と攻ノ型の2種類ある。
盾剣と双剣、二つの型を切り替え可能で近接戦闘が得意。

守ノ型

攻撃を当てると、鬼気ゲージが増加する。
大剣の攻撃と盾による防御で堅実な立ち回りが可能。
敵の攻撃を確実に受け止められる。
敵の攻撃を受け流して反撃できる「威崩(たけくずし)」もある。
「鬼気(きき)」を武器にためて放出すると強力な火力がだせる。


操作 解説
□□□□ 斬攻撃4連
□□□□△△ 斬攻撃→突攻撃
○長押し 朧月
※発動後、ボタンを組み合わせで最大4連続攻撃。異なる攻撃を当てていくと「夜霧」「晴嵐」の威力上昇し鬼気ゲージが増加
○長押し→□△/□+✕/○ 朧月→朧月4連
○長押し→□△/□+✕/○→□△○✕(2種類) 夜霧
晴嵐(朧月レベルが最大のとき)
□+✕ 倭守(盾で防御)
□+✕→L↑ 倭守→威崩
※踏み込み中に攻撃を受けると受け流してカウンター。成功で鬼気ゲージが増加
L↑+△ 深突
攻ノ型切替
※鬼気ゲージが最大の時に発動で鬼木ゲージが無くなるまで攻ノ型の攻撃力が上昇
△+○ 鬼千切
盾剣(攻ノ型)

■攻ノ型

双方の剣による怒涛の連撃がだせる。
回避性能と攻撃を兼ね備えた「伏奔(ふせばしり)」や「甚雨(いたしあめ)」を使って、攻撃をかわしながら手数で圧倒する。


操作 解説
□□□□□ 斬攻撃5連
さらし薙
※複数部位をヒット
○+✕ 甚雨
※□連打でヒット数が増加、鬼気ゲージが少し増加
守ノ型切替
○長押し 一穿
※攻撃力上昇状態中はさらに威力アップ、攻撃後に守の型に切り替わる
伏奔
※鬼に触れると素早く斬撃を放つ
□+✕/□連打 甚雨
※□連打で攻撃回数アップ
△+○ 鬼千切

トップページに戻る

^